UCS×SBI証券 投資信託はクレジットカードでかしこく積立 UCSつみたて投資 UCS×SBI証券 投資信託はクレジットカードでかしこく積立 UCSつみたて投資

サービス概要 メリット

UCSのカードで、投資信託を毎月100円から自動で積立購入できるサービスです。
一度カード登録・積立設定をするだけで口座に入金する手間もなく毎月自動で積立投資を行うことができます。

「UCSつみたて投資」は、
こんな人おすすめ!

投資初心者の方
忙しくて、投資の管理が不安な方
ポイントを貯めてお得に投資したい方

UCSつみたて投資の
4
メリット

  1. メリット1 100円から投資できる
  2. メリット2 ポイントが貯まる!
  3. メリット3 つみたてNISA にも対応
  4. メリット4 投資の運用実績や残高確認はアプリで簡単チェック!

メリット1
100円から投資できる!

100円から始められ、
いつでも変更できる

投信積立可能な銘柄の全てを対象に100円から積立できます。(毎月最大50,000円、複数銘柄選択可)
初回にクレジットカード払いの積立設定をするだけで証券口座に入金する手間もなく、クレジットカードでのご利用料金として毎月自動で取引を行うことができます。

無理せず、コツコツつみたて投資

メリット2
ポイント貯まる!

クレカ積立
ポイントが貯まる!

毎月の積立額に応じて、積立額の0.5%のポイントが貯まります。
例えば、
毎月の積立額5万円×ポイント加算率0.5%の場合
毎月250ポイント×12か月
1年間で最大3,000ポイント貯まる!

年間で1,800ポイント貯まる!

保有残高に応じて
ポイントが貯まる!

「クレカ積立」で貯まるポイントとは別に、投資信託の
月間の平均保有金額に応じてポイントが加算されます。

例えば、投資信託残高に応じ年率0.1%が貯まる投資信託で毎月3万円を3年間積立し、投資信託保有残高が
108万円の場合、年間1,080ポイント貯まる!
つまり、投資信託で
ダブルでポイントが貯まる!

保有残高に応じてポイントが貯まる!

投資信託以外のお取引
でもポイントが貯まる!

・金・銀・プラチナ etc.

※取引時に発生する手数料に対してポイントが付与されます。

オススメ!
メリット3
新NISAにも対応!

「NISA」とは国が少額からの長期・積立・分散投資を支援するために出来た制度で、2024年開始の新NISAでは、つみたて投資枠での年間投資上限額は120万円まで、成長投資枠での年間投資上限額は240万円まで非課税で運用できます。また、非課税で運用できる期間は無期限となります。
※非課税で運用ができる最大利用可能額は1,800万円(内、成長投資枠は1,200万円)まで
つまり、NISA口座で運用すると、投資で得た利益がまるまる手に入ります!

資産運用で出た利益について
税金分おトク!

一般口座・特定口座 NISA口座

メリット4
投資の運用実績や残高確認は
アプリで簡単チェック!

かんたん積立アプリ

スマートフォンで完結する投信設立のアプリ!つみたてNISA クレカ積立にも対応!

「かんたん積立アプリ」はSBI証券が提供する投資信託の積立専用アプリです。
リスクの許容度に合わせたファンドの提案と、一括で積立設定を行える機能を搭載!

お好きなタイミングで投資信託の保有状況の確認や、積立設定を行うことができます。
家計簿の管理などは続かないけれど、コツコツ続けて積立投資を始めたいという方や、投資初心者の方にもオススメのアプリです!

SBI証券かんたん積立
つみたてシミュレーション
実際の運用成果はどうなる?

月々30,000円でつみたて投資を20年間継続、利回りを9%として試算すると・・・
10年目には利益が約220万円、20年目には利益が約1,267万円に!

ご自身に置き換え、積み立てる金額と期間、利回りを入力し試算してみよう!

※例えば、S&P500(配当込、円換算)の過去約20年間(2000/2/29~2021/10/29)年平均利回りはおおよそ9%でした。
(上記は過去の実績であり、将来の運用成果を保証または示唆するものではありません。)

〇年後にいくらになるか確認してみよう!

UCSつみたて投資のはじめかた

  • SBI証券口座をまだお持ちでない方
  • SBI証券口座をすでにお持ちの方

STEPに沿って
お手続きください

クレカ積立をはじめる

事前準備
STEP1

SBI証券 UCS仲介口座を開設する

STEP2

UCSマークのついたカードを用意し、
UCSネットサーブに登録する

※すでにUCSネットサーブに登録済みの方は手続き不要です。
STEP3にお進みください。

ポイントを貯める手続き
STEP3

口座開設後、ポイント設定する

クレカ積立を始める手続き
STEP4

UCSマークのついたカードを登録する

STEP5

積立する投資信託を選ぶ

【注意事項】

・以下のクレジットカードは登録できません。
(家族カード、entaカード、StepOneカード、リボ専用カード、ハウスカード)
・UCSネットサーブにご登録いただいている情報とSBI証券口座情報が一致していないとお手続きが進みません。以下の情報が一致しているかご確認ください。

(カナ氏名、生年月日)

以上で「UCSつみたて投資」の設定は完了!
設定完了後、毎月自動でクレカの投信積立が始まります。

クレカ積立スケジュール
  • 当月
    3日まで
    クレカ積立の申込締切日

    毎月3日がクレカ積立の申込締切日となります。3日までにクレカ積立のお申込をしていただくと翌月1日が買付日となります。

  • 当月
    4日~5
    カード認証

    毎月4~5日にご登録カードの認証を行います。認証不可の場合は、買付は行われません。

  • 翌月
    1
    クレカ積立の買付日

    毎月1日(休業日の場合は翌営業日)に自動で買い付けされます。

  • 翌月
    10
    クレカ積立のお支払日

    毎月1日に買い付けされたご利用分を当月10日(休業日の場合は翌営業日)に他のカードご利用分と合わせてご請求させていただきます。

STEPに沿って
お手続きください

ポイントが貯まる
コースへ変更する

事前準備
STEP1

SBI証券WEBサイトよりポイントが
貯まるコースに変更する

STEP2

UCSマークのついたカードを用意し、
UCSネットサーブに登録する

※すでにUCSネットサーブに登録済みの方は手続き不要です。
STEP3にお進みください。

ポイントを貯める手続き
STEP3

コース変更後、ポイント設定する

クレカ積立を始める手続き
STEP4

UCSマークのついたカードを登録する

STEP5

積立する投資信託を選ぶ

以上で「UCSつみたて投資」の設定は完了!
設定完了後、毎月自動でクレカの投信積立が始まります。

【注意事項】

・以下のクレジットカードは登録できません。
(家族カード、entaカード、StepOneカード、リボ専用カード、ハウスカード)
・UCSネットサーブにご登録いただいている情報とSBI証券口座情報が一致していないとお手続きが進みません。以下の情報が一致しているかご確認ください。

(カナ氏名、生年月日)

クレカ積立スケジュール
  • 当月
    3日まで
    クレカ積立の申込締切日

    毎月3日がクレカ積立の申込締切日となります。3日までにクレカ積立のお申込をしていただくと翌月1日が買付日となります。

  • 当月
    4日~5
    カード認証

    毎月4~5日にご登録カードの認証を行います。認証不可の場合は、買付は行われません。

  • 翌月
    1
    クレカ積立の買付日

    毎月1日(休業日の場合は翌営業日)に自動で買い付けされます。

  • 翌月
    10
    クレカ積立のお支払日

    毎月1日に買い付けされたご利用分を当月10日(休業日の場合は翌営業日)に他のカードご利用分と合わせてご請求させていただきます。

SBI証券以外の
証券口座をお持ちの方

他社(SBI証券以外)の証券口座をお持ちの方は、
他社からSBI証券へ
投資信託の移管・お引越し
もできます。
SBI証券なら他社から移管・引越した投資信託の
保有残高に対してもポイント
が貯まります!

STEP1

UCSマークのついたカードを用意し、UCSネットサーブに登録後、
SBI証券UCS仲介口座を開設する

STEP2

UCS仲介口座を開設後、下記より口座移管のお手続きを
行う

SBI証券の口座へ投資信託の移管・お引越し手続きはこちら
SBI証券コールセンター
電話番号:0120-104-214
携帯電話からはナビダイヤル:0570-550-104
受付時間:年末年始を除く平日8:00~17:00

※1. 手数料がかかる場合がございます。

※2. 商品およびその他の事由によりSBI証券への移管ができない場合がございます。

UCSつみたて投資マガジン

「UCSつみたて投資マガジン」
では、
投資に役立つ基礎知識などの
有益な情報を
ご紹介しております。

なぜ今
「資産運用」なのか?
物価上昇に伴う
「おカネ」の価値は!?

つみたて投資の鉄則!
投資リスクの上手な
コントロール方法
とは!?

投資リスクの
コントロール法
「ドルコスト平均法」
とは!?

つみたて投資に適した
金融商品
とは!?

資産形成の味方!
「NISA制度」
とは!?

よくあるご質問

Q.

各種変更画面に到達できません。どうすればよいでしょうか。

A.

SBI証券WEBサイトへログイン後、未確認の「重要なお知らせ」がある場合は、各種変更画面(コース変更画面、ポイント設定画面、カード登録画面など)が表示されません。
すべての「重要なお知らせ」を確認のうえ、一度画面を閉じてください。
再度該当のボタンからログインすると、各種変更画面が表示されます。

Q.

登録できるカード、登録できないカードはありますか。

A.

UCSマークのついているクレジットカードが登録できます。以下のカードは登録できません。

  • ・家族カード
  • ・entaカード
  • ・StepOneカード
  • ・リボ専用カード
  • ・ハウスカード
Q.

ポイント投資はできますか。

A.

ポイント投資(ポイントを使用して投資すること)はできません。

Q.

SBI証券UCS仲介口座を開設すると、投資信託以外の投資商品の買い付けは出来ますか。

A.

国内株式、海外株式、国内債券、海外債券など、SBI証券が提供している金融商品をご利用いただけます。
ただし、UCSのカードのご利用は投信積立に限られます。

Q.

現在、SBI証券の証券口座を開設していますが、SBI証券UCS仲介口座との違いはありますか。

A.

ご利用いただける金融商品、買付手数料に違いはございません。

投資初心者の方へ

「人生100年時代」
に備えよう!

100年という長い人生を有意義に過ごすには、現在の生活の充実とともに10年後、20年後、そしてもう少し長めの視点を持って「ライフプラン」を考えていくことが重要です。
また「ライフプラン」を考える際に忘れてはならないことの1つが「マネープラン」つまり「人生のさまざまなイベントに取り組むための費用をイメージして準備をしていくこと」です。
近年では、少子・超高齢社会の進行、グローバル化や情報化の進展、ライフスタイルの多様化など、社会環境が大きく変化しています。
できるだけ早いうちから将来の準備をすることで、長い人生の充実につながるのではないでしょうか。
低金利の影響でなかなか利息が増えない状況が続くなか、貯蓄以外に金融商品の運用も視野に入れたいものです。しかし、いざ資産運用を始めようと思っても投資は「難しそう」「まとまったお金が必要なのでは?」と不安になる方も多いのではないでしょうか。
長い人生に備えるために、何から始めていいのかわからない方にこそ、「つみたて投資」がおすすめです。

投資信託ってなに?

投資信託とは、多くの投資家から集めたお金をひとつの大きな資金としてまとめて、運用の専門家が株式や債券などに投資を行う金融商品です。その運用成果が、投資家それぞれの投資額に応じて分配されます。
投資信託は、銘柄選定をすべてプロにおまかせできるので、投資初心者におすすめの金融商品といえます。
まずは気になった投資信託の銘柄を選びさえすればOK!企業分析など細かく勉強しなくても、すぐに投資をスタートできます。

注意事項

リスクについて
  • ・投資信託は、主に国内外の株式や債券等を投資対象としています。投資信託の基準価額は、組み入れた株式や債券等の値動き、為替相場の変動等により上下しますので、これにより投資元本を割り込むおそれがあります。
  • ・投資信託は、個別の投資信託毎にご負担いただく手数料等の費用やリスクの内容や性質が異なります。ファンド・オブ・ファンズの場合は、他のファンドを投資対象としており、投資対象ファンドにおける所定の信託報酬を含めてお客様が実質的に負担する信託報酬を算出しております(投資対象ファンドの変更等により、変動することがあります)。
  • ・ご投資にあたっては、目論見書や契約締結前交付書面をよくお読みください。
手数料について

各商品等への投資に際してご負担いただく手数料等につきましては、SBI証券WEB サイトの当該商品等のページをご確認ください。

お問い合わせ

UCSつみたて投資デスク

0587-24-8500

受付時間:平日9:00~17:30

SBI証券お問い合わせ窓口
  • ・口座開設に関するお問い合わせ
    0120-104-250
    携帯電話からはナビダイヤル0570-082-241
  • ※平日(年末年始を除く)8:00~17:00、土・日曜日(祝日・年末年始を除く)9:00~17:00
  • ・コース変更に関するお問い合わせ
    0120-104-214
    携帯電話からはナビダイヤル0570-550-104
  • ※平日(年末年始を除く)8:00~17:00
  • ※ナビダイヤルは、携帯電話から20秒11円(税込)の通話料がかかります。
NISAのご注意事項
  • ・配当金等は口座開設をした金融機関等経由で交付されないものは非課税となりません。NISA口座で国内上場株式等の配当金を非課税で受け取るためには、配当金の受領方法を「株式数比例配分方式」に事前にご登録いただく必要があります。
  • ・同一年において1人1口座(1金融機関)しか開設できません。
  • ・NISAで購入できる商品はSBI証券が指定する商品に限られます。
  • ・2024年からの新NISAでは年間投資枠と非課税保有限度額が設定されます。
  • ・損失は税務上ないものとされます。
  • ・出国により非居住者に該当する場合、NISA口座で上場株式等の管理を行うことはできません。
  • ・2024年からの新NISAにおけるつみたて投資枠では積立による定期・継続的な買付しかできません。
  • ※その他、2024年からの新NISA に関するご注意事項、並びに2023年までの一般NISA ・つみたてNISA等に関するご注意事項の詳細はSBI証券WEBサイトにてご確認ください。
金融商品仲介業務に関するご注意事項
金融商品取引法等に係る表示