UCS 保険デスク

UCSトップへ

UCS旅とくプラス

3月16日以降出発の旅行が対象となります。

「UCS旅とくプラス」にご登録いただいた会員様とご家族全員が補償されます。

年会費 1,080円(税込)

※「UCS旅とくプラス」の年会費1,080円はUポイント対象となりません。

補償対象

「UCS旅とくプラス」にご登録の会員様と、同居のご家族全員が旅行保険の補償対象になります。

【補償の対象となる方】
(1)登録した会員本人 (2)本人の配偶者 (3)本人または配偶者と生計を共にする同居の親族
(4)本人または配偶者と生計を共にする別居の未婚の子

〔※ ご家族のお名前等をご登録いただく必要はありません。
  万一保険金をご請求いただく場合に、住民票などの書類を保険会社にご提出いただきます。〕

適用条件

1. 「UCS旅とくプラス」はご登録日の翌日より有効となります。

※ ご登録手続きにかかる期間
  インターネットでお手続きの場合:受付日の翌営業日に登録。登録日の翌日午前0時より補償開始となります。(土・日・祝日・   12/31〜1/3休業)
  お電話でお手続きの場合:登録日の翌日午前0時より補償開始となります。
※ 国内旅行は、UCSカードで旅行代金を決済された場合のみ補償の対象となります。
  (海外旅行の場合は、お支払方法を問いません。)
※ ご登録後1週間ほどで、補償内容や保険会社の緊急連絡先が記載された会員証を郵送させていただきます。
※ 満了日(1年後のご登録日の前日)までに会員様より解除のお申し出のない限り、毎年自動更新となります。

2. 年会費がUCSカードよりお振替できない場合は、保険が適用されませんのでご注意ください。

※ 年会費は毎月15日締め、翌月10日にご請求させていただきます。

3. 保険期間

国内旅行:最大30日間 /海外旅行:最大3か月間

お申込み

インターネット

UCS@Net Serve
※UCSネットサーブ登録が必要です(無料)
※UCSネットサーブログイン後「UCS旅とくプラス」にお申込みください。

お電話(UCS保険デスク)

ご利用条件

■国内旅行の場合

UCSカードで旅行代金を決済された場合のみ補償対象となります。

補償対象となる国内旅行
[1] 公共交通乗用具の乗車料金を、あらかじめUCSカードでお支払いの場合で当該公共交通乗用具の乗客として
搭乗している間の事故によってケガを被った場合

「公共交通乗用具」…航空機・電車・バスなど

[2] 旅行会社の主催するパッケージ旅行(宿泊をともなうもの)の代金を、UCSカードでお支払いの場合で、
そのパッケージ旅行に参加中の事故によってケガを被った場合
内金(旅行代金の一部)を現金でお支払い済みの場合でも、残高をUCSカードにてお支払いいただいた場合は
  補償の対象となります。

「パッケージ旅行に参加中」とは
・集合地から解散地まで
・集合しない場合は、旅行日程に定める最初の運送機関等の利用を開始したときから、最後の運送機関等の利用を完了したときまで
※旅行を離脱した場合は、補償の対象外となります。

[3] あらかじめUCSカードでお支払い済みのホテル、旅館等の宿泊施設に滞在中の火災または破裂・爆発によってケガを被った場合
宿泊パック(宿泊のみの旅行)の場合は[3]の補償となります。

■海外旅行の場合

お支払い方法は問いません。

補償内容

■国内旅行の場合

国内旅行の場合は偶然な事故による上記[1]〜[3]のそれぞれの場合に補償します。

国内旅行の場合、傷害入院保険日額・傷害通院保険日額は、事故日からその日を含めて7日以内に治療を終了された場合にはお支払いの対象となりません。
傷害入院保険金日額は事故の日からその日を含めて180日以内、通院保険日額は事故の日からその日を含めて180日以内の通院に限り、90日分を限度とします。
日帰りのバスツアーは補償の対象となりません。

■海外旅行の場合

例えば次のような場合に保険金が支払われます。

【傷害治療費用保険金】
ご旅行中に、交通事故にあいケガをしたり、階段から落ちて足を骨折した場合など。
【疾病治療費用保険金】
ご旅行中にカゼ、下痢、盲腸などで治療・入院・手術を受けた場合など。
【個人賠償責任保険金】
ご旅行中に、誤ってお店の商品を壊してしまったり、ホテルの客室を水浸しにしてしまうなど法律上の損害賠償責任を負った場合。
【携行品損害保険金】(免責金額3千円)
ご旅行中に、スーツケース・カメラ・時計等の携行品が火災・盗難等の偶然な事故により破損した場合(携行品1点・1組・1対あたり10万円が限度)。パスポートの盗難により再取得する費用(5万円限度)など。
【救援者費用保険金】
ご旅行者本人が病気やケガにより継続して7日以上入院した際にご家族の方に現地にきてもらう場合など。
携行品損害は、保険金請求時に上記の自己負担額があります。
携行品損害は1年間の補償限度額が20万円となります。
疾病治療費用保険金をお支払いできない主な場合:妊娠、出産、早産または流産に起因する疾病、歯科疾病、ご帰国後48時間以上経過してから医師の治療を開始した場合など
海外旅行傷害保険普通保険約款及び特約条項が適用されます。 約款PDF
国内旅行傷害保険普通保険約款及び特約条項が適用されます。 約款PDF

その他特典

「旅とくプラス」ご登録者さま特典として、シティツアーズ予約センターで海外旅行に参加の都度、1,000円のギフトカードをプレゼントいたします。

※ギフトカードのプレゼントは、登録のご本人様が旅行にご参加の場合、
  またはご本人様のUCSカードで旅行代金を決済された場合に対象となります。
 (ご旅行出発日前後に株式会社UCSよりお送りします。)

海外からの緊急連絡先

海外での急な発病・ケガ等でお困りの場合は AD海外あんしんダイヤルへお電話ください。
(フリーダイヤル 24時間 日本語受付)

国別連絡先一覧はこちら

<注意事項>

  1. ご滞在の国・地域、電話機種、ホテルなどによっては、無料電話やコレクトコールが利用できない場合があります。また、国内通話料相当が必要となる場合や、サービス料や利用料がかかる場合など、お客さま負担となる費用が発生することがありますので、ご了承ください。
  2. 日本から持参の携帯電話を利用する場合、各国の回線事情などにより無料電話につながらないことや、つながった場合でも通話料がかかることがあります。その場合の費用はお客さま負担となりますので、ご了承ください。
  3. 無料電話やコレクトコールを利用できない場合などに通常のダイヤル通話を利用したときの通話料は、お客さま負担となります。

■AD海外あんしんダイヤルへご連絡の際は、次の点をお話ください。

  1. UCSカード会員であること(会員番号、有効期限)
  2. お客様のお名前、年齢、現住所、電話番号
  3. ケガ、病気の症状または原因

帰国後の保険金請求

AD海外あんしんダイヤル日本センター(24時間受付)

■現地で行っていただきたい事項

  1. 病気・ケガで医師の治療を受けた場合 ⇒ 治療費を立替えて診断書と領収書を保管してください。
  2. 携行品の盗難の場合 ⇒ 警察の事故証明書または第三者(旅行の添乗員、航空会社等)の証明書を取付けてください。
  3. 航空会社に預けたものが破損した場合 ⇒ 航空会社の事故証明書を取付けてください。

※本内容は概要を説明したものです。
 このサービスは、あいおいニッセイ同和損害保険の「海外旅行傷害保険」「国内旅行傷害保険」の普通保険約款・特約が適用
 されます。

「UCS旅とくプラス」の補償を上乗せご希望の場合

eとらべる海外旅行保険

▲ページトップへ戻る